STORY

これはとある場所の小さな小さなレストランの物語。

そのレストランの営業時間は決まっていない。

そこは人生でたった一度しか訪れることが出来ない。


そこは三途の川を渡る前、最後の晩餐をとるためのレストラン。

そのレストランでは料理の注文をすることは出来ない。

できるのは最後の晩餐の相手を選ぶこと。


選べる人の条件は既にこの世に存在しない人物、一人に限るということ。

相手が決まれば料理も自然に決まる。

料理するのは韓国人のハン。


レストランに訪れる人達の思い出の料理を振舞い、その料理を口に運んだ人達はみな笑顔になり饒舌になる。

そして新たな旅路へと向かっていく。

一方、ハンは記憶のすべてを現世に置き忘れてきてしまっていた・・・。