STORY

これは三途の川を渡る前、最後の晩餐をとるためのレストランの物語。


注文できるのは料理ではなく、最後の晩餐の相手。

条件は既に他界している人。


レストランには、やってくる人たちをもてなす料理人が1人。

相手が決まれば料理も自然に決まる。料理人には、なぜだかそれがわかるのだ。

訪れた人たちは晩餐の相手と再会し、料理を味わい、久しぶりの会話を楽しみ、皆、笑顔となって旅立っていく。


ある日、過去の記憶を持たない料理人に現世での記憶がほんの少し蘇る。


それ以来、彼に関わりがあった人たちがこの店へやってくるようになるのだが・・・。